中間・期末テストで苦手を克服

 中間テストや期末テストは、中学生にとっては避けることの出来ない問題です。中学生の皆さんの中には、数学が苦手だという人が多く、他の科目と比べても数学に苦労している人たちが多いのではないでしょうか。

 そもそも、数学という科目の特性として、「前の学年の単元が理解できていないと次の学年の単元はもっと理解できなくなる」ということがいえます。数学と英語が「積み上げ教科」といわれるゆえんはこの点にあります。

 そのため、苦手分野をつくらないように、毎回の授業で学習した事を復習して理解する事が必要なのですが、実際には、そんなに簡単な話ではないと思います。そのため、日ごろ、復習できなかった部分は、中間テストや期末テストの前のテスト勉強でこまめに理解していくことが大切です。

 苦手な部分を放置していれば、次の学年の単元も理解できなくなってしまい、後で苦労してしまいます。数学のような教科は、「あとでまとめて暗記して理解しよう」という手法が通用しない教科です(だからこそ数学に苦手意識を持つ人が多いのも事実です。)。だからこそ、中間・期末テストの対策を、単なる「テスト勉強」としてとらえるだけでなく、次の学年の単元を学ぶ準備としての「苦手の克服」に生かしていくという、大局的な視点で学習に臨むことが大切になるのです。

 しかし、それでも、「中間テストや期末テストの勉強をしても、どうせ成績が伸びないから」とあきらめる人がいる事は確かです。すぐに成績が伸びずに苦しい思いをしている人もいる事はたしかです。しかし、苦手を克服するというのは、「難しい応用問題を解けるようになれ」というような難しい事を要求しているのではなく、教科書の例題レベルの問題から着実に解けるようにしていきましょう、ということですので、自分のペースで、無理なく勉強を進めることが大切です。

【自宅学習のために】
インターネット学習塾システム



学校や一般の塾などのカリキュラムについていけない。
高すぎる教育費、一般の学習塾の月謝が高い。
子供の安全対策を考えると、一般の塾は塾帰りが心配。
近くに良い塾が無い。通塾が不安。
不登校なので自宅で勉強したい。
部活動が忙しくて塾に通えない。

そうした人たちに最適な、インターネット学習塾が普及しはじめています。
自宅で、自分のペースで学べるというメリットがあります。