予習と復習、どっちが重要?

 数学の学習を自宅で行う場合、よく問題になるのが、予習を中心とした学習をすべきか、それとも復習を中心とした学習をすべきか、という点だと思います。テスト前の勉強は、テストの範囲を復習する事が中心になると思いますが、普段の学習では、予習と復習のどちらが重要なのか、よくわからないという意見もあると思います。

 

 実際に、学習塾の中には、予習を中心として、学校の授業よりも先行して授業を進める方針の塾もあります。一方で、あせって予習ばかりをしていても、前に学習した事が理解できていない場合は、学習を前に進めることが難しいという意見もあります。

 

 しかし、基本的には、自分の勉強は自分で進めるものですから、自宅での学習スタイルの基本方針として、予習と復習のどちらを中心とすればよいのかという事を、自分自身で考えながら学習計画を立てていくことが重要です。

 

 特に、数学の場合は、前の単元が理解できていないと次の単元の理解が難しいという、積み上げ型の教科といわれていますので、自宅で数学の学習を進めるためには、まずは復習を中心として、教科書の例題や市販の問題集などをしっかりと理解する事が大切です。

 

 その上で、余力があれば、次の単元を先取りして予習するという事を考えていけばよいと思います。 昔とは違い、今の中学生は、市販の問題集のほか、インターネットなども活用できるため、自宅で勉強しやすい環境が整っていると思います。

 予習を中心とするか、復習を中心とするか、いずれにしても、自分にあった勉強法を探し、実践するための環境は整いつつあると思います。様々な勉強法の中から、自分にあった自宅学習の方法を探し、それを実践していくことが重要です、

【自宅学習のために】
インターネット学習塾システム



学校や一般の塾などのカリキュラムについていけない。
高すぎる教育費、一般の学習塾の月謝が高い。
子供の安全対策を考えると、一般の塾は塾帰りが心配。
近くに良い塾が無い。通塾が不安。
不登校なので自宅で勉強したい。
部活動が忙しくて塾に通えない。

そうした人たちに最適な、インターネット学習塾が普及しはじめています。
自宅で、自分のペースで学べるというメリットがあります。