数学は問題演習中心で理解してみよう

 学習のための市販の書籍としては、問題集と参考書の2通りに分類されると考えてください。問題集の場合、学校の例題や、受験で出題される問題のように、実際に問題として解くことを重視して作られた本だと考えてください。一方、参考書の場合は、学習する単元について、文章や絵などでその概念を説明しているものですので、学校の授業の質が良い学校の場合ならば、あまり必要の無い本だと思います。

 

 しかしながら、学校の先生の授業が分かりにくいとか、学校の授業が成り立っていないというような状況の場合には、参考書の解説を読んで、学習する内容の概念を、文章や絵というような形で理解しておく事が重要だと思います。

 

 しかし、数学の場合、基本的には、実際のテストや入試問題で解くことになる問題は、教科書や参考書にある文章や図を見たり覚えたりするだけでは解く事ができません。したがって、教科書や参考書によって身につけた知識を、問題集の問題を解く事によって、自分が身につけた知識を具体的にどのように使っていけばよいのかということを感覚的に理解しておく事が重要です。「問題をできるだけたくさん解こう」とよく言われるのはそのためです。

【自宅学習のために】
インターネット学習塾システム



学校や一般の塾などのカリキュラムについていけない。
高すぎる教育費、一般の学習塾の月謝が高い。
子供の安全対策を考えると、一般の塾は塾帰りが心配。
近くに良い塾が無い。通塾が不安。
不登校なので自宅で勉強したい。
部活動が忙しくて塾に通えない。

そうした人たちに最適な、インターネット学習塾が普及しはじめています。
自宅で、自分のペースで学べるというメリットがあります。