実力テストや模擬試験の活用法

 学校によっては、高校受験に備える中学3年生の時期に実力テストを実施する学校があります。また、塾などでは模擬試験と呼ばれる、高校受験における合格可能性の判断材料とするための試験が実施されます。

 

 これらの試験は、今の自分がどのくらい難しい問題なら解けるのかということを知るためには良い試験だと思います。

 

 しかし、これらの復習にばかり気にしすぎることも良くありません。なぜなら、実力テストや模擬試験は、中学校の学習内容の全てを網羅しているわけではなく、学習内容の中の特定の一部分だけを取り出して試験問題にしているだけにしかすぎないためです。

 

 実力テストや模擬試験の問題が、そのまま高校受験に出題されるというわけではないので、本当の学力を身につけるためには、地道に全ての単元を教科書や受験対応の問題集などで復習し、どの問題が出題されても対応できるようにしておかなければなりません。

 

 高校入試の多くは、一部の難関校を除いては、 基本的な問題を完璧に解くことが出来れば、あとは少しの考える能力だけで、正解にたどり着くことができる問題で構成されています。実力テストや模擬試験は、基本問題の復習にも向かない問題構成となっているので、基本的な問題を網羅した問題集などの復習を受験勉強のメインにする方針が望ましいと思います。

【自宅学習のために】
インターネット学習塾システム



学校や一般の塾などのカリキュラムについていけない。
高すぎる教育費、一般の学習塾の月謝が高い。
子供の安全対策を考えると、一般の塾は塾帰りが心配。
近くに良い塾が無い。通塾が不安。
不登校なので自宅で勉強したい。
部活動が忙しくて塾に通えない。

そうした人たちに最適な、インターネット学習塾が普及しはじめています。
自宅で、自分のペースで学べるというメリットがあります。